沖縄の紅型の伝統・サンゴ染めの体験・紅型のオリジナル工芸のことなら首里琉染へ。

首里琉染・通販サイト。紅型、サンゴ染めの沖縄伝統工芸専門店。―世界で一つだけの想いをカタチにする―。

HOME > 首里琉染商品について

首里琉染商品について

なぜ?首里琉染の商品は同じ物が無い一品なのか―。

繊細な感性と技を受け継ぎ、あくなき探究心で伝統をはぐくむ―。 「本物志向」の商品追求を指針としています。

植物染料と顔料を併用する色鮮やかな紅型は、南国沖縄の特色ある伝統工芸であり、芸術性においても比類のない染物です。
首里琉染は先代の染色作家・山岡古都の意思を受け継ぎ、琉球紅型をはじめとする沖縄の染色文化の発展・普及を目指しております。

手間と時間をかけるからこそ出来る「洗練された一点物」

昔ながらの天然染料にこだわり、草木染の原料として植物・古木・虫などさまざまな原料を収集し、機械的な量産を目的としない 伝統の手染め技法で丹精込めて商品を生み出しています。
手間と時間をかける商品ですが、「世界でひとつだけの商品」となりますので、お客様の期待と想いを裏切らない一品となるよう 首里琉染は全力を尽くしております。

伝統技術を受け継ぐ工芸職人による―。

昭和48年
草木染めの研究所として設立された琉染で山岡古都の指導のもと、沖縄の全植物の研究をし、学んできた職人がその技術を高め今後、後世に残すために励んでいます。

洗練された手染め技法を使い―。

500年の歴史のある紅型を守り続けるために、先人たちの技法を受け継ぎさらなる表現を追求しています。
今の生活スタイルに合わせた商品開発をし、 沖縄の歴史文化を伝える努力をしています。

量産を目的としない丹精込めた製作工程―。

機械化が進む中で、昔ながらの伝統を守り手染めから感じる、ぬくもりにこだわり愛される商品を作るため、職人の技は今も脈々と伝えられています


紅型製作の流れ 妥協をゆるさない受け継がれた「技」

この工程により色彩・柄模様は同じものが一つとしてありません。


サンゴ染め製作の流れ 琉染だけが作れる自然の「色彩」

天然素材を使った紅型の普及に努めつつ、沖縄らしさを 活かした優しい風合いの染色技法にチャレンジしたのが、 「琉染のサンゴ染め」です。

サンゴ染めは、幸せを招く自然の恵み、沖縄の青く豊かな海 からの恵みを長い年月をかけて生活に取り入れる工夫をしてきた 琉染のオリジナルです。

琉染では、自然でシンプルな味わいの生活雑貨や小物を中心に 染め物が生活の一部として皆様にご利用いただけるよう ご提案してまいります。

工芸職人による染色作業

一反布を各部分に切り分ける

この工程により色彩・柄模様は同じものが一つとしてありません。

ページのTOPへ